神社にある大きな大きな輪っか!オブジェ?いえいえ、日本の神道の儀式の一つです!

スポンサーリンク
御朱印豆知識

神社にある人の身長くらいの大きな輪っか!見たことありますか?

ぴよちょこは初めて見ました。
大洗磯前神社に参った際に、この茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)というものを見ました。

茅の輪(ちのわ)
茅の輪(ちのわ)
ぴよちょこ
ぴよちょこ

この大きな輪っかはなんだろう?

この大きな輪っか、実は大祓(おおはらえ)という儀式の一つだそうなのです。

では、大祓ってどういうものなのでしょう?

大祓とは?

大祓は日本の神道の儀式の一つだそうです。

古くから、毎年、6月の晦日と12月の大晦日、年に2回、行われてきた穢れを払い除く儀式として行われてきたものだそうです。
6月に行われるのを夏越大祓(なごしのおおはらえ)、12月に行われるのを年越しの祓(としごしのはらえ)といいます。

ぴよちょこ
ぴよちょこ

ぴよちょこが見たのは、夏越大祓だったのです!

大祓は、災厄の原因となるであろう罪や過ち、心身の穢れなどを祓い清め、次の半年を無病息災、かつ清らかな気持ちで日々の生活におくれるように行う儀式だそうです。

大祓の歴史

大祓は、神話の時代、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらい)を起源とするそうです。
古くから、宮中において、行われていた儀式で、中世以降は、各神社においても年中行事の一つとしてひろがり、現在では多くの神社の恒例儀式となっているそうです。

祓の意味
お祓いとは、厄払いという悪いものを取り除くようなイメージを持ちがちですが、そういうものではなく、「穢れを取り去って清浄になること」だそうです。

罪とは?
恐怖を抱かせる反社会的行為・疾病・災禍などのことを指すそうです。

穢れとは?
自然発生的な現象により、物事の清浄、心の静謐を乱すものを指すそうです。

夏越大祓(なごしのおおはらえ)

この大きな輪っかは「茅の輪(ちのわ)」と言うそうです。

大荒磯前神社の茅の輪(ちのわ)
大荒磯前神社の茅の輪(ちのわ)

その茅の輪をくぐるのが、「茅の輪くぐり(ちのわくぐり)」と言って、6月の晦日に神社で行われる「夏越大祓(なごしのはらえ)」の儀式のひとつだそうです。

風土記によると、小さな茅の輪を腰につけて、災い除けとしていたのがはじまりだそうです。時がたつにつれ、大きくなり、江戸時代には、大きな茅の輪をくぐるという神事になったとか…。

鳥居などの結界内に、茅(ちがや)という草やで編んだ直径数メートルの輪を神前に立て、これをくぐることで心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願します。

茅の輪くぐり

茅の輪を八の字に3回くぐります。

1.茅の輪の前で一礼
2.茅の輪をくぐり、左に回って、茅の輪の前に戻る
3.一礼し、右に回って、茅の輪の前に戻る
4.一礼し、左に回って、茅の輪の前に戻る
5.一礼して茅の輪をくぐり、真っ直ぐ進む

※この際に、右足から入ったり、左足から入ったりと決まっている場合もありますので、注意!茅の輪の傍に説明書きがあることが多いので、それを読みながら行ってもいいですね。

年越しの祓(としごしのはらえ)

12月の晦日の大祓は「年越しの祓」と呼ばれています。

新しい年を迎えるために、心身を清める祓いの儀式です。
古くは、人形(ひとがた・人の形に切った白い紙)をつくり、これを川などに流して、災いをのぞいていたそうです。
現在は、年越しの大祓の前、12月に入ると、神社さんで人形が用意されているおり、そこでいただいた人形に名前と年齢を記入します。それにより、人形が自分の身代わりになってくれるそうです。(この際、息を吹きかけたり、体をなぜたりするところもあるそうです。)
これを神社に納めると、川や海に流してくださったり、お焚き上げをしてくださったりして、穢れを取り除いてくださるそうです。

※現在では、郵送でご対応くださる神社もありますよ。ちょっとびっくりですが…。

大祓はそれぞれの神社で異なる

ただし、神社によっては、茅の輪くぐりを年越の大祓にも行うところがあったり、人形を夏越大祓の際にも行うところがあったり、両方とも行ったりと、それぞれの神社さんによっても異なるので、ご自分がお参りするところはどうなのか?を調べてみてくださいね。

ぴよちょこは全然知らなかったので、見た時によくわからず、とりあえず、書いてある通りに茅の輪くぐりを行いました。
帰ってきて調べて、やっと意味がわかりました。
そういう意味だったのかぁ~、知らないって、残念…。

大荒磯前神社の茅の輪(ちのわ)を門前から見た写真
大荒磯前神社の茅の輪(ちのわ)を門前から

何も考えず、御朱印めぐりをはじめましたが、思いがけず、いろいろなことを知っていけるのが、楽しみです。

どうもありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました